SUSTAINABILITY

サステナビリティ

KITAI SDGs Plan
2020⇒2030

2030年に向けたアクション

キタイ設計は、企業理念に掲げる「社員一人ひとりが、社会によって生かされていることに感謝し、社会に貢献していることの自覚と自立心を持って行動し、品位ある会社としての確かな方向性を定める」の精神のもと、国連が提唱する持続可能な開発目標(SDGs)の達成に貢献するとともに、地域の社会的課題解決と経済成長の両立を目指し、2018年9月6日、「キタイSDGs宣言」をいたしました。

さらに2020年7月、「キタイSDGs宣言」を改定するとともに、国連で定められたターゲット、指標に基づいたより具体的な「KITAI SDGs Plan 2020⇒2030」を策定。2030年の未来を見据えて、さらに取組を進めてまいります。

2030年の目標 -キタイ設計 2030年の未来-

2030年の目標
-キタイ設計 2030年の未来-

  • 働きがいも
    経済成長も

    AI※1、RPA※2技術を
    標準活用

    • 自動設計領域の拡大
    • BIM/CIM(3D)標準
    • i-Construction、VR技術、ホログラムへの活用

    ※1 人工知能。artificial intelligenceの訳語。コンピュータを使って、学習・推論・判断など人間の知能のはたらきを人工的に実現したもの。
    ※2 Robotic Process Automationの略語。デスクワーク(主に定型作業)を、パソコンの中にあるソフトウェア型のロボットが代行・自動化する概念。

  • すべての人に
    健康と福祉を

    ICT※3、IoT※4技術を
    標準活用

    • 調査作業の無人ロボット化
    • テレワーク&フレックス
    • フルオンライン会議

    ※3 「Information and Communication Technology」の略で、通信技術を活用したコミュニケーション。
    ※4 様々な「モノ(物)」がインターネットに接続され、情報交換することにより相互に制御する仕組み。

  • 気候変動に
    具体的な対策を

    エネルギー変革に伴う
    新たな移動手段

    • 電気無人自動車利用
    • コネクテッドカー※5利用
    • 郵送技術の進展

    ※5 常時ネット接続され、最新の道路状況を取得して最適なルートを算出したり、車両にトラブルが発生した際に連絡してくれたりする機能を搭載した車。

  • 質の高い教育を
    みんなに

    ジェンダー平等を
    実現しよう

    専門技術者養成システムの
    標準運営

    • 新卒、中途採用社員に専門技術教育支援
    • プリセプターシップ※6
    • 女性管理職の登用 ※性別や国籍を問わない。

    ※6 見習いの新人を先輩の現場の熟達者が、一緒に現場で指導する「現場教育訓練」(OJT)の制度のこと。

  • パートナーシップで目標を達成しよう

    世界に誇れる
    建設コンサルタンツ

    • 国内、海外技術支援業務の継続
    • 自主事業に伴うランニングコスト提案
  • 貧困をなくそう

    生涯現役支援システムの
    運営

    • シニアヒアリング調査
    • 資金運用と新事業支援
    • 社内資産活用
    • OB会連携
    • 社内外オンライン交流
  • 住み続けられる
    まちづくりを

    つくる責任
    つかう責任

    「里山支援」システムの
    運営

    • スマート農業技術活用
    • 関係人口案内、マルシェ、社員保育所
    • クラウドファンディング
    • 都市農村交流、地域特産品づくり、6次産業化