• 防災地質
  • 長野県
  • 2016年

平成28年度 社会資本整備総合交付金(治水)総合流域防災事業に伴う地質調査業務

概要

・機械ボーリング(Φ86・3本) ∑L=63m
・サンプリング(シンウォール) 1本
・サンプリング(トリプル) 1本
・標準貫入試験 54回
・地下水検層 3孔
・地下水流向・流速測定 8回
・現場透水試験(ケーシング法) 5回
・総合解析とりまとめ 1.0式

設計者より一言

諏訪湖の水質浄化の一環として岡谷市湊地区における鋼矢板撤去時の地下水の流れの変化を把握するとともに、既設構造物等への影響及び鋼矢板撤去の代替案等を検討するために必要となる基礎資料を得ることを目的として実施。選定された測線上の計3孔のボーリング調査によって、調査地における土質・地質の状況、地下水流動状況を把握することができました。

業務名 平成28年度 社会資本整備総合交付金(治水)総合流域防災事業に伴う地質調査業務
分野 Ⅵ ~綿密な調査で地域の安全・安心・環境を支える~ 防災地質
場所 諏訪湖一円(長野県)
受注年度 2016年
発注者 長野県