• 河川砂防
  • 神奈川県
  • 2017年

平成29年度 通常砂防工事基礎調査業務委託 公共(その2)

概要

神奈川県鎌倉市域において、土砂災害警戒区域(イエローゾーン)の既指定箇所に対して、土砂災害特別警戒区域(レッドゾーン)の指定に必要な調査を行い、区域調書(案)および告示図書(案)等の資料作成を行ったもの。

業務内容

・砂防基礎調査 318ヶ所
地形調査・現地測量 1式
土砂災害特別警戒区域等の設定 1式
区域調書(案)、告示図書(案)等作成 1式

設計者より一言

本業務は、神奈川県鎌倉市域において、土砂災害防止法に基づく基礎調査を行ったものです。対象となる調査箇所は、急傾斜地の崩壊の恐れがある(土砂災害警戒区域=イエローゾーン)区域318ヶ所。過年度において土砂災害警戒区域の公示がされているため、本業務ではその区域に対して土砂災害特別警戒区域の設定を行いました。具体的には、現地調査を実施した上で土砂災害特別警戒区域の設定を行い、その結果を区域調書(案)、告示図書(案)として取りまとめると共に、告示や今後の情報管理に必要な各種資料の作成を行いました。

業務名 平成29年度 通常砂防工事基礎調査業務委託 公共(その2)
分野 Ⅱ ~機能性・安全性と自然環境との調和を目指して~ 河川砂防
場所 神奈川県大船1外、鎌倉市大船地内外
受注年度 2017年
発注者 神奈川県