• 防災地質
  • 滋賀県
  • 2010年

大津信楽線橋梁部地質調査業務

概要

ボーリング(φ66) 86.9m
標準貫入試験 29.0回
孔内水平載荷試験 7.0回
解析等調査 1.0式

設計者より一言

大津信楽線の橋梁部(新8号橋)工事に関連して、工事予定地の土質・地質の状況を把握し、設計・施工のための基礎資料を得ることを目的として、新8号橋のA1橋台、A2橋台、P1橋脚の各計画箇所において、それぞれ2ヶ所ずつ、計6ヶ所のボーリング調査および原位置試験(標準貫入試験・孔内水平載荷試験)を実施しました。

業務名 大津信楽線橋梁部地質調査業務
分野 Ⅵ ~綿密な調査で地域の安全・安心・環境を支える~ 防災地質
場所 滋賀県大津市上田上桐生町地先
受注年度 2010年
発注者 近畿地方整備局大戸川ダム工事事務所