• ため池
  • 和歌山県
  • 2018年

団体営農村地域防災減災事業 ため池耐震照査委託業務

概要

橋本市内に点在する6ヶ所のため池を対象とした測量、土質調査及び耐震診断

業務内容

・測量
堤体横断測量 1断面 6池
・地質調査
ボーリング128.2m、標準貫入試験85回、シンウォールサンプリング8回、現場透水試験ケーシング46本、土質試験各14試料
・耐震診断
KH法による安定解析及び堤体の健全性評価、FL値算定、液状化判定、△U法による解析、ALIDによる変形沈下量算出、液状化に対する健全性診断

設計者より一言

各ため池の代表断面における測量/調査結果を基にKH法の安定解析を行い、堤体の健全性を評価しました。また、液状化判定が必要となるため池(今回3箇所)では、FL値を算定し液状化の有無を判定し、液状化の可能性が高いと想定されるため池についてはΔU法による解析も実施しました。なお、ΔU法の解析で不安定となったため池の代表1池では、ALIDによる変形沈下量を算出し、液状化に対する健全性を診断を行いました。

業務名 団体営農村地域防災減災事業 ため池耐震照査委託業務
分野 Ⅰ ~農村地域の発展と生産性の向上に向けて~ ため池
場所 和歌山県橋本市 市内一円 地内
受注年度 2018年
発注者 橋本市