• ランドスケープ・公園
  • 長野県
  • 2019年

令和元年度 防災・安全交付金(公園)事業に伴う設計業務

概要

平成26年に行われた長寿命化計画策定業務を元に、松本平広域公園内の施設・遊具・設備を再調査し、長寿命化計画を更新しました。平面測量と現況平面図の作成にあたっては3Dハンディスキャナ―を使用しました。

業務内容

・予備調査(総合公園)40.3ha
・健全度調査(一般施設775施設、遊具31基、複合遊具7基、建築物52施設、土木構造物7ヶ所、各種施設48施設)
アスベスト調査 24ヶ所
長寿命化計画策定 1式

設計者より一言

本業務は、松本平広域公園の長寿命化計画の変更・更新及び図書作成を行ったものです。計画準備として、既存計画等の貸与資料を確認しました。現地補足調査として、3Dハンディスキャナーを用いた平面測量と現況平面図の作成及び建築物外壁のアスベスト含有調査を行い、予備調査では、公園施設の確認と簡易診断を行いました。健全度調査として、予防保全型管理を行う施設に対し調査を行い、健全度と緊急度の判定を行いました。長寿命化計画では、基本方針を定めることから、長寿命化対策の検討と長寿命化対策費の算出をし、年次計画を検討しました。併せて、ライフサイクルコストを算出し、公園施設長寿命化計画書を作成しました。

業務名 令和元年度 防災・安全交付金(公園)事業に伴う設計業務
分野 Ⅳ ~人と自然との共生を目指して~ ランドスケープ・公園
場所 長野県松本市
受注年度 2019年
発注者 長野県