• 企業ポリシー
  • 事業内容
  • 実績紹介
  • 沿革
  • 概要・ネットワーク
  • メッセージ・ニュース
  • リクルート

環境をデザインするキタイ設計

コンテンツ

リクルート

環境をデザインする建設コンサルタント
キタイ設計

滋賀、兵庫、京都、大阪、神奈川、山口、宮城、岩手、福島、新潟、長野、静岡、愛知、岐阜、石川、富山、三重、奈良、和歌山、岡山、広島、香川、徳島、愛媛

事業内容

GIS 地理情報システム

地理情報システム(GIS)とは?

GIS(Geographic Information System)とは、位置や空間に関する情報をもったデータ(空間データ)を総合的に管理・加工し、視覚的に表示できる高度な分析や迅速な判断を可能にする技術であり、様々な空間データと、それを加工・分析・表示するためのGISソフトから構成されます。

GISでは、図1.GISの概念図が示すように空中写真や統計データなど様々なデータを層(レイヤー)ごとに分けて管理し、これらの位置をキーにして基盤的な地図データの上に結びつけます。これにより、相互の位置関係の把握、データ検索と表示、データ間の関連性の分析等が可能になるのです。
従って、GISの解析結果の特徴は、様々な情報が整理され、視覚的にわかりやすい形で表現できることにあります。

GIS概念図
図1.GISの概念図(国土交通省HPより)

地域用水機能管理システム

用水関連施設(用水路、分水工、揚水機場、水田反復施設)の機能管理
  • 属性情報管理
  • 写真・施工図面の登録
  • 施設の維持管理記録の更新
  • 属性情報に基づく主題図作成

用水受益情報管理
  • 一筆地毎の属性情報管理
  • 土地原簿システムとの連携
  • 分水工単位での集計+着色
  • 受益地の経年変化管理
  • 節水計画管理

用水受益情報管理

地域用水の多面的機能管理
  • 地域用水機能増進施設の情報
  • 地域用水機能発揮施設の情報
  • 地域用水機能評価点の管理

地域用水の多面的機能管理

シミュレーション機能
  • 配水シミュレーション

シミュレーション機能

【1】
ある分水工の受益範囲を抽出(青が水田、黒は転用地)

【2】
受益面積を自動集計し、節水率および最適な取水量を算出

農村振興総合整備/田園整備/農村環境整備 事業計画支援システム

  • 作図処理時間の短縮
  • 全体図・拡大図の連動(二重作業・修正ミスの回避)
  • ワンタッチ位置検索
  • 特定施設だけを表示し、拡大図様式で印刷
  • 計画管理・施設管理DBの基盤データとして、次のライフサイクルで活用可能

農村振興総合整備/田園整備/農村環境整備 事業計画支援システム

農村振興総合整備/田園整備/農村環境整備 事業計画支援システム

ページトップに戻る